読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予備校ランキングとの

予備校ランキングとの

親族に援助を依頼する

ご自身の両親(子どもからみたら祖父母)など、親族に援助を頼ってみるのも1つの手です。可愛い孫のために、「祖父母が学費を準備していた」というケースも珍しくありません。あまり高額になると贈与税が心配ですが、祖父母から教育費を一括で贈与できる贈与税の特例などもあります。頼れる親族がいる方は、一度親族に相談してみてはいかがでしょうか?

2.教育ローン

国や金融機関から、教育費を借りるという選択もあります。ローンという名の通り、借金という扱いになりますが、当座の資金が準備できない場合は選択肢として考えても良いでしょう。なお、担保の有無などや金融機関によって、貸し出し金利は異なりますので、利用を検討する場合はいくつかの金融機関を比較するようにしましょう。

3.奨学金

子どもに奨学金を借りてもらうというのもよくある手段です。教育ローンと違う点は、返済義務が親ではなく子どもになる点です。ライフプラン上、ご自身で教育ローンを借りても返済が難しい場合は、奨学金も検討すべき手段です。ただし、社会人になってから返済をしていくのは子どもになります。奨学金を申し込む場合は、きちんと子どもとも話をすることが重要です。なお、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金には、借入金利が無利息の第一種奨学金と利息付きの第二種奨学金とがあります。当然、無利息の第一種奨学金は人気が高く、借りられる対象に該当するのは難しいといわれています。しかし、第一種の奨学金で借りられれば、利息分だけ得だといえるでしょう。また、そもそも返済義務のない奨学金などもあるようなので、子どもと一緒に調べても良いでしょう。
前述の通り、初めから子どもが浪人することを想定して学費を準備しているご家庭は珍しいかと思います。予備校の授業料は、多くのご家庭にとって想定外の出費です。その分をどう補てんするのか?は、家族でしっかり話あってくださいね!

予定外の予備校費用。どう工面したらいい?

予定外の浪人生活に突入してしまった場合、予備校の費用はどのように工面するべきでしょうか?

まずは、毎月の生活費に予備校費用を足して、やりくりできるかを確認しましょう。もし、収支上予備校費用を払うことが難しい場合は、大学の授業料として貯めたお金を利用することになるでしょう。場合によっては、子どもにアルバイトしてもらい、一部の学資金を負担してもらうことも必要かもしれません。

そして、予備校ランキングとの

浪人生活の末、なんとか子どもが志望大学に合格!自分のことのように嬉しい半面、はじめから浪人を見越して「予備校の学費も貯めていた」というご家庭は珍しいかと思います。よって、「想定外だった予備校の授業料に学資保険を充当してしまって、肝心の大学の授業料が払えない……」こんな事態が起きてしまうこともあるでしょう。苦労の末、子どもが合格をしたわけなので、なるべく子どもの未来に影響を与えないようにしたいですよね。大学の授業料を準備することが厳しい場合、大きく分けて以下の3つの補てん手段があります。